クラブ・ラウンジの派遣について

困ったときの対処法を覚えよう!

クラブ・ラウンジのお仕事は、お客さんと向き合った席での接客。そうすると自然とお客さんとの距離も近くなるものです。それにクラブ・ラウンジでは大体のお客さんがお酒を飲まれるので、なかには、酔っぱらった勢いで体にタッチ…なんてお客さんもいるかもしれません。心配な女性は、働く前に下記の対処法に目を通しておきましょう!角度を変えてみると、案外簡単に対処できるものですよ♪

お酒を作るために体を動かす

新しくお酒を作るためなら、座る位置をずらすのは自然なこと。
隣に座っているお客さんが体を触ってきたら、相手に少し背を向けてお酒を作ったり、テーブルにあるグラスやチャームを取ったりして体を動かしてみましましょう!

何もなったかのようにスッとよける

変にリアクションしてしまうと、“楽しんでいる”と勘違いしてしまうお客さんも…。
ですから、リアクションの必要ナシ!何もなかったかのように笑顔で会話を続ければ相手も「一枚ウワテだ」と感じるはずです!

足を組み直す

体勢を変えれば自然と触れられている手をどけることができます。
足を触られたときは足を組み直したり、足の向きを変えてみたりするのが効果的!

持っている物を落とす

持っているハンカチなどをわざと落として、触れられている手をどかすのもオススメ☆
持っているものを落としてしまうのは自然なこと。それを利用してお客さんとの距離を調節してみましょう!

嫌でなければ先に相手の太ももに手をおいておく

これは番外編ですが…嫌でなければ、先手必勝法として先に相手の体にタッチしておくのも効果的。
そうすれば相手は既に触られているので、自分から触る気が起きなくなることもあるのではないでしょうか。