クラブ・ラウンジの派遣について

未経験でも簡単♪基礎テクニック

クラブ・ラウンジで働くコンパニオンと聞くと“接客のプロ”ってイメージを持つ方は多いかもしれません。しかしコンパニオンはそんなに難しいテクニックを巧みに使い分けているわけではないんです。下記では未経験の方でも簡単に身につく接客テクニックをご紹介しています。こちらをご覧になれば、あなたもクラブ・ラウンジで一目置かれる存在になれちゃいますよ☆

待機時

・寝ない
・足をだらしなく組まない

客席につくとき

・始めからつく場合

1.笑顔であいさつ
第一印象が大事です。初めに「いらっしゃいませ。失礼します」といい自己紹介しましょう。

2.お客さんが席についたらおしぼり渡す
両手で開いて渡しましょう。トイレに行かれたあとも同じようにします。

3.コースターをお客さんの手前に置く
お客さんがグラスを取りやすいように手前に置きましょう。灰皿を使う場合も同様です。

4.ドリンクを作る
お客さんの飲み物を伺ってドリンクを作ります。その後「いただいてもよろしいでしょうか?」と伺って自分や同席しているコンパニオンの分を作りましょう。

5.乾杯
乾杯のとき、自分が持っているグラスはお客さんのグラスより下に合わせましょう。

6.チャーム(おつまみ)をテーブルに並べる
お客さんが手の届きやすい場所にチャームを置いておきましょう。このとき、自分だけがバクバク食べてはダメ!基本的にコンパニオンは口にしませんが、お客さんにススメられたら少しだけ食べましょう。

・途中から客席につく場合
上記1のようにあいさつをして、「いただいてもよろしいでしょうか?」or「いただきます」といって自分の飲むお酒を作るかウェイターに頼みましょう。


水割りの作り方

1.グラスに氷を入れる
2.お酒を1〜2割程度入れる
3.ミネラルウォーターをグラスの8割程度まで入れる
4.マドラーでかき混ぜる
5.回っている氷をマドラーで抑えてからグラスの下の方を持って、音を立てずにお客さんのコースターに置く


接客時の注意事項

・髪をむやみに触っちゃダメ!
クラブ・ラウンジといっても飲食店の一種。当たり前ですが、髪をむやみに触るのはお客さんを不快な気分にさせしまいます!

・お客さんに連絡先を教えちゃダメ!
簡単に自分の個人情報を教えてしまうとトラブルの原因になりかねません。しつこいお客さんがいたら店内のスタッフや弊社スタッフに相談しましょう。


退席するとき

・なるべく自分のグラスを空けてから退席する
お店の人の合図で席を立つように指示されたら、なるべくグラスを空けて「ごちそうさまでした。ちょっと失礼します」といってグラスを隠し持って席を立ちます。

・他のコンパニオンに声をかける
自分がトイレに行くときなどお客さんを一人にしてしまう場合は、近くのコンパニオンに声をかけて後をお願いします。


延長について

・お店に延長を頼まれたら、弊社にすぐ連絡!
お店に延長を頼まれた場合は、すぐに弊社に連絡を入れて了承を得てからお店に返事をしましょう。連絡なしで延長した場合は延長分のお給料と送迎車はありませんのでご注意!


終了時について

・勝手に席を立たない!
時間がきたからといってすぐに席を立ってはダメ!余裕を持って準備しておきましょう。

・あいさつを忘れない!
終了後はお店の人に「お先に失礼します。ありがとうございました」とあいさつしてからお店を出ましょう。


服装について

・黒いスーツ、パンツスーツ、厚底サンダル、ミュール、カーデガンは基本的に控えましょう。
ドレスをお持ちでない方にはこちらでご用意しますので安心してください☆また、ストッキングは黒や白といったカラーストッキングではなく、ベージュのものをはきます。クラブ・ラウンジで働くのですから上品な服装を心がけましょう。下着が見えるほどの露出した服装はダメ!